店舗デザイン事例を参考にナイトクラブをデザイン

様々な部分にこだわってデザインを決めることができました

ナイトクラブを開業様々な部分にこだわってデザインを決めることができましたお客さんに納得してもらうことができるようなデザイン

当初は黒と紫を基調としたナイトクラブにしたいと考えていたのですが、事例写真の中に似たような色である黒とブルーを基調としているお店があったのですが、少し店内の雰囲気が暗いと感じました。
暗いほうが良かったのですがお客さんがリラックスできるという意味では暗すぎると感じ、黒と紫だけではなく白も取り入れることにしたのです。
同じような配色の写真も見つけたのですが、こちらのほうが自分が理想としている空間にピッタリであり、事前に店舗デザイン事例を参考にしておいて良かったと感じました。
頭の中で考えてオッケーサインを出していた場合は、建物が完成してから思っていた雰囲気と違うという問題を引き起こしていたと思います。
個室タイプにするか開けた店内にするか、オブジェなどを設置するのか、照明の種類はどうするかなど、様々なことを他のお店を参考にして決めることができたので良かったです。
頭の中で想像していたときには素敵に感じられても、実際に似たような設備や配色の写真を見てみると想像と違ったということがあったので、事前に写真を確認することはとても大切だと感じました。
ある程度自分の中でデザインが決まった状態で施工店に相談したところ、スムーズに打ち合わせを進めることができたと思います。
もちろん、建築に関して素人な自分が考えたので施工店の人から手直ししてもらう部分やアドバイスを受けて変更する部分も多々ありましたが、最初に考えていた雰囲気通りのデザインに決定することができました。
お客さんの席はもちろんですが、受付やトイレ、スタッフルームやバックヤードなどの様々な部分にこだわってデザインを決めることができました。

ナイトクラブ 店舗デザイン事例バーのデザイン事例